大阪市の節税対策・無料保険相談

業務案内

保険の目的について

保険の目的について

保険は率直に言えば『転ばぬ先の杖』と言える存在です。
人生においてさまざまなイベントやトラブルに出くわしますが、きちんとした貯蓄と備えさえあれば保険が無くても乗り切ることができるといわれています。
しかし、実際に保険が必要となる状況に出くわした場合、多額の出費によって生活が成り立たなくなるケースも。
そんな時に家計を支えるのが保険なのです。

保険には『相互扶助』と呼ばれる概念の下で成り立っています。
お金を出し合い、いざというときにプールした保険金を支払って助け合う。
保険の対象となるトラブルが頻発するケースは限られているからこそ、保険は業種として成り立つビジネスとも言えます。

もしあなたが家族を持った場合に保険に入るのを勧められるのも、あなたに万が一の事態が起きたときに、収入源が途絶えることで生活が不安定になることを防ぐためでもあります。
自分だけではなく、家族にも安心を与える。これも保険の役割と言えましょう。

保険は用途に応じて『自動車保険』『生命保険』と分かれているのも、保険料を多く取り過ぎないためなのです。
現在では保険会社も多数あり、オンライン上での手続きがメインとなる『ネット保険』は、サービスや月額の保険料がひときわ安くなっています。
これらの保険会社の中から自分にあった保険を見つけ出しましょう。
加入していなくても生きていけますが、持っているとより不安のない人生を送ることができる…かも知れない。
それが保険の目的であり、意義でもあるのです。

人生に起こりうるリスクについて

人生に起こりうるリスクについて

『人生は小説より奇なり』と言われるように、時として思わぬトラブルに見舞われるのが人生というモノです。
交通事故や火事。近年では地震も他人事とは言えなくなりました。
また、病気による手術や治療による多額の治療費も、人生におけるリスクと考えることができます。
このようなリスクは非常に多岐にわたり、いつ何が起こるか分かりません。そして、いつ起こるか予測できないリスクを悩み続け、動かないままでいるのは人生における損と言えます。

保険の役割には『転ばぬ先の杖』というものがあり、人生における心配事を軽減する役目もあります。仮に事故や事件といったトラブルに見舞われたとしても、保険金が支払われることで当面の生活が保障されるというのは心強いモノがあります。

月々の保険料に逼迫(ひっぱく)するのも現在の不景気ならではの悩み。
ですが、目先のお金にとらわれ、いつか起こるリスクに対処しないのはあまりに不用心です。
もちろん事故車両の修理費や家の再建費用。
手術・治療費を自費でまかなえるほどに資産があるのであれば、話も変わってきます。
ですが、必要保障額をすぐに出せる人は限られているのが現状です。
必要保障額は人によって変わりますが、年間の家賃や生活費。
これに年金が受給されるまでの期間を掛け合わせるとおおよその額が算出されます。
ですので、月の生活費が10万円。家賃が5万円の30歳独身と仮定しても525万円。
これに葬式代などの『死亡整理費』として200万が加算されますので、おおよそ800~1,000万円は必要となってくるでしょう。
加えて子供がいる場合は、子供や配偶者の生活費も考慮しなければならないため5,000万円前後にまで跳ね上がります。

考え方を変えると、保険は『リスク対策用の貯金箱』とも言えます。保険会社にお金を預け、いざというときに払い出す。
そんなリスクに対する貯金箱と考えると少しは気持ちも晴れるもしれません。

生命保険について

生命保険について

生活の上で切っても切り離せないのが生命保険です。
生命保険は主に保険者が死亡した際に支払われる『死亡保障』がメインとなっています。
現在は生命保険に付随する形で入院や通院を行った際に支払われる『入院(通院)保障』が組み込まれている場合がありますが、基本的に保険者の生命にかかる状況下で効力を発揮する、加入し続けている限り、1度は支払われるだろう保険です。
生命保険の保障額は若いうちは高く、年齢を経るごとに下げていくのが一般的です。
これは支払われる年金や、もし死亡しなかった場合に受け取れたであろう額を見るためであり、35歳の場合は月10万円としても3,000万円必要となります(60歳満期の場合)。
主な用途としては残された家族に対する生活費の穴埋めですが、現在は葬式代や死後の整理資金として最低限に済ませる人も増えています。

損害保険について

損害保険について

損害保険でもっとも有名なものが『火災保険』を初めとした対物保険です。
状況や事故内容によって支払われる保険料が左右しますが、基本的に『偶然起こった事故によって保険者の物品が破損した場合に支払われる保険』と見て良いでしょう。
近年では地震特約といった自然災害の中でも規模の大きな内容も保険の対象とする商品も登場し、注目度が上がっています。
また、自動車保険は購入の際に必ず”自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)にはいらなくてはいけません。
これは義務であり、保険が失効していたり無加入だった場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金。さらに免許停止という厳しい処分が加えられます。

このほかにも自転車に対する保険(自転車保険)や、船舶は運送品に適応される海上保険など、大切な商品に万が一のことがあった場合に対する備えは運送する側も、される側も必要不可欠なのです。

相続と保険について

相続と保険について

故人が亡くなられた場合、死亡保険は相続人(受取人)に支払われます。
子供の場合は親に支払われますが、問題は成人になった場合です。
成人になっている場合被相続人(故人)の遺産として扱われます。
独身かつ遺言状がない場合は法定相続人が受け取り、分配されることとなります。
しかし結婚などで受取人が指定されている場合、子供の時と同様に全額受取人のものとして扱われます。
これは『特別受益』とよばれるもので、民法でも認められている”相続分の前渡し”になるので、分配の義務も生じません。
ここで問題となってくるのが分配比率の問題です。被相続人が保険金の他に遺産を有している場合、均等に分配すると受取人にだけ多額の遺産を与えることになり、不公平が生じます。確かに分配の義務はないものの、他の相続人からしてみると不満が漏れるのも当然です。
そのため、保険金を『みなし遺産』として扱い、受取人への遺産分配を0円にすることによって公平化を図る場合もあります。保険金の分配ができない以上は完全な公平とは言えませんが、遺産を巡って口論になるよりもよほど建設的な方法と考えられます。

090-9210-7711

お客様の声

CAMPANY TANK

Information

〒669-1145
兵庫県西宮市名塩平成台34-5

大阪市で節税対策・無料保険相談なら、ファイナンシャルプランナー【八木FP保険事務所】にご相談下さい。会社経営をより円滑にするご提案をさせて頂きます。
ご相談は無料です!またメール・FAXでのお問い合わせは24時間受け付けておりますので気軽にお問い合わせ下さい。

  • 090-9210-7711
  • mail form
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pagetop