大阪市の節税対策・無料保険相談

新着情報

昔の貯蓄型保険は絶対解約してはいけません

2015/12/08

「保険見直しの注意点」でも紹介していますが、貯蓄型保険から掛け捨て型定期保険に解約すると、大抵損をしてしまいます。確かに定期保険のほうが月々の価格は安いのですが、解約返戻金がほとんど無く、おまけに年令によっては更新により、終身保険よりも高くなってしまう場合もあります。
 
特に用心して欲しいのが、平成以前に加入した貯蓄型保険の扱いです。これは高かろうと解約するのはオススメできません。
なんといっても金利に大きな差があり、現在の状況からでは考えられないほどの開きがあります。
例えば2015年現在、某社の貯蓄型保険の年利は高くて0.7%、おおよその平均で見ると0.2%がいいところです。ところが平成以前の保険、つまりバブル期の保険は5.0%~6.0%と驚くべき年利をつけています。現在の経済状況を反映するかのような年利の違いですが、当時の保険であれば大きく下がっても今以上の金利は保たれています。
 
もちろん保険会社にとって高金利は悩みの種。乗り換えを進めますが、乗らないようにしましょう。
もし乗り換えを考えるのであれば、解約返戻金や金利から保険の支払いを賄う「払済保険」に乗り換えることをおすすめします。
 

<<一覧に戻る

090-9210-7711

お客様の声

CAMPANY TANK

Information

〒669-1145
兵庫県西宮市名塩平成台34-5

大阪市で節税対策・無料保険相談なら、ファイナンシャルプランナー【八木FP保険事務所】にご相談下さい。会社経営をより円滑にするご提案をさせて頂きます。
ご相談は無料です!またメール・FAXでのお問い合わせは24時間受け付けておりますので気軽にお問い合わせ下さい。

  • 090-9210-7711
  • mail form
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pagetop