大阪市の節税対策・無料保険相談

新着情報

免停だけならまだいい方?自賠責保険の更新は必ず行いましょう。

2016/02/19

前回、被害者視点で無保険事故について紹介しましたが、今回は加害者の立場に沿って紹介して参ります。
 
その前に、なぜ自賠責保険は強制保険になっているか、考えたことはありますか?
自賠責保険は単に自動車税の一種などではなく、いざ事故が起きた際に被害者・加害者両方の負担を軽くするための「転ばぬ先の杖」です。ある意味保険という概念を一番身近に感じるものといって差し支えません。
 
そんな自賠責保険が切れていると、とうぜん「無保険車運行」として取り扱われます。6点の違反点数に加え12ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられますが、あくまでこれは無保険者運行のみの話。
自賠責保険の更新などは車検を行えば必ず更新されていくもの。つまり車検を行っていない「無車検車運行」も課せられる可能性があります。
併せると「違反点数12点で免許停止90日。さらに12ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金」となるのです。
 
そして当然ながら被害者に対する負担をしなくてはなりません。
無保険の場合に考えられるケースとして、政府保証事業による求償請求。あるいは民事裁判による賠償金請求が待っています。ある程度は交渉の余地があるように思えますが、ここから先は弁護士の域になってきます。
 
ただ、保険の更新を怠ったというだけでこれほどのリスクを追うということだけは頭に留めておいてください。
もしも自賠責保険の更新が間近であれば、早めに済ませておきましょう。その心構えが一生を左右するかもしれません。

<<一覧に戻る

090-9210-7711

お客様の声

CAMPANY TANK

Information

〒669-1145
兵庫県西宮市名塩平成台34-5

大阪市で節税対策・無料保険相談なら、ファイナンシャルプランナー【八木FP保険事務所】にご相談下さい。会社経営をより円滑にするご提案をさせて頂きます。
ご相談は無料です!またメール・FAXでのお問い合わせは24時間受け付けておりますので気軽にお問い合わせ下さい。

  • 090-9210-7711
  • mail form
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pagetop